菊間瓦

沿革・特徴

菊間瓦の起源は鎌倉時代の弘安年間(1278~1286)といわれていますが、江戸時代になってから藩の殖産政策の保護を受け発展しました。

菊間瓦は、いぶし銀の独特の色とつやが特徴で、高級和風住宅や神社仏閣の建築美の表現には欠かせない存在となっています。

優秀な職人が高度な技術方法で製造する瓦は、品質の良さや優美さが全国でも高い評価を受けています。

製造される地域今治市(旧菊間町)
指定年月日昭和55年10月1日